神奈川の物件で体験した大規模修繕の想い出!

建築に興味があり作業内容を観察

せっかくなのでどのような施工が行われているのか知りたいと感じました。
親族に尋ねてみましたが、居住者説明会では詳しい内容までは説明されておらず、注意点ぐらいしか把握していない状態です。
そのため、マンションの外から観察するのが一番だと思ったので、食事をとった後にさっそく出かけてみました。
マンションの前に小さな公園があるので、そこからだとよく見えると考えて、わくわくしながらベンチに座ったことを覚えています。
最初に気付いたのは、マンションの傍らに見知らぬ小さな建物があることです。
以前はなかったので不思議に思いましたが、作業員が出入りしていたので仮設の事務所とトイレだと分かりました。

事務所は窓が大きかったので中も見えている状態で、デスクの上にコピー機とパソコンが置かれていたような気がします。
図面なども見えたので入ってみたい衝動に駆られましたが流石に自粛しました。
しばらくそこから大規模修繕の様子を観察していましたが、数日かかるレベルのものなので建物に急激な変化が現れるわけではありません。
少し飽きてきたので戻ることにしたのですが、エントランスに入ろうとしたときに興味深いものを目撃しました。
作業員が入口にそばで外壁に対して補修を施していたのです。

お世話になる親族のマンションが大規模修繕工事 : 建築に興味があり作業内容を観察 : 建築とは違う進路を選んだが貴重な経験に