神奈川の物件で体験した大規模修繕の想い出!

建築とは違う進路を選んだが貴重な経験に

大規模修繕 神奈川なら / 神奈川で大規模修繕

勇気を出して何をしているのか話かけたところ、気さくに教えてくれたのでうれしく感じました。
外壁に貼り付けているタイルが雨などの影響で浮いてしまっており、そのままではいつか剥がれ落ちてしまう恐れがあります。
そのような事態を回避するために、特殊な接着剤をタイルの裏側に流し込んでいました。
その状態で建物のコンクリートに押し当てることで、しっかりと接着した状態に戻せるというわけです。
タイルが剥がれることなど予想もしていなかったので、建築に関する知識が増えて良かったです。
また、少し離れたところではもう一人作業をしており、そちらは床のタイルを剥がして新しいものに変えていました。
古いタイルを見るとヒビが入っており、端の方には欠けもあったように記憶しています。
重い物の落下や地震の影響などが原因だと思いますが実際のところは分かりません。
それから大規模修繕が終わる日まで、危険のない範囲でいろいろと観察させてもらったので、作業員の人たちとも顔見知りになれて楽しかったです。
建築とは違う進路を選びましたがとても貴重な経験になりました。

お世話になる親族のマンションが大規模修繕工事 : 建築に興味があり作業内容を観察 : 建築とは違う進路を選んだが貴重な経験に